1049円 63-2198-17 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KAR06-12 工具・作業用品 生産加工用品 流体継手・チューブ チューブ継手 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KARシリーズ 1049円 63-2198-17 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KAR06-12 工具・作業用品 生産加工用品 流体継手・チューブ チューブ継手 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KARシリーズ 63-2198-17 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KAR06-12,工具・作業用品 , 生産加工用品 , 流体継手・チューブ , チューブ継手 , 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KARシリーズ,1049円,www.kinnon.tv,/mercer174775.html 沸騰ブラドン 63-2198-17 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KAR06-12 63-2198-17 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KAR06-12,工具・作業用品 , 生産加工用品 , 流体継手・チューブ , チューブ継手 , 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KARシリーズ,1049円,www.kinnon.tv,/mercer174775.html 沸騰ブラドン 63-2198-17 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KAR06-12

卸売 沸騰ブラドン 63-2198-17 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KAR06-12

63-2198-17 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KAR06-12

1049円

63-2198-17 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KAR06-12

特徴

  • 真空(-100kPa)で使用可能です。
  • 難燃性(UL-94規格V-0相当)です。
  • 表面抗体10^4~10^7Ωです。

仕様

  • 機種:レジューサ
  • 適合チューブ外径(mm):6×12
  • 使用圧力:-100kPa~1MPa
  • 使用流体:空気
  • 表面抵抗:104Ω~107Ω
  • 帯電防止対策用。
  • ボディ:シール部に導電性樹脂を使用。
  • 銅系不可(無電解ニッケルめっき付)
  • Uniねじ。
  • 流体温度:0~40℃
  • 材質/仕上:
  • 本体:黄銅+ポリブチレンテレフタレート(PBT)
  • シールゴム:ニトリルゴム(NBR)
  • 原産国:日本
  • コード番号:103-5368

荷姿サイズ:132×122×16 mm 10 g [荷姿サイズについて]

63-2198-17 帯電防止ワンタッチ管継手-レジューサ KAR06-12

新しい技術

  • 赤肉:関連するリスクに関与する細菌

    赤肉はますます非難されており、健康に有害であろう。 新しい研究によると、腸内細菌もこのような犯行に対して何らかの責任を負っています。 肉はタンパク質、鉄、ビタミンが豊富な食品です。 赤肉には牛肉、馬、羊が含まれます。 その過度の消費は健康に良いものではありません。 ©Wallyg、Flickr、cc by nc 2.0 赤身の肉を食べ過ぎるとあなたの健康に悪いことが知られています。 牛、馬、または羊の誇張された消費は、特定の病気の危険因子となるでしょう。 いくつかの医学研究は、赤身肉の過剰は、デンマーク人、糖尿病患者および心血管疾患を発症するリスクを増加させることを示している。 なぜいいステーキが悪いのだろう? オハイオ州 クリーブランドクリニックの チームがいくつか答えを出しています。 Nature Medicine に掲載された研究では、赤身だけが唯一の原因ではなく、腸内細菌も原因であることを示しています。 昨年、すでに同

    続きを読みます »
  • 赤肉:関連するリスクに関与する細菌

    赤肉はますます非難されており、健康に有害であろう。 新しい研究によると、腸内細菌もこのような犯行に対して何らかの責任を負っています。 肉はタンパク質、鉄、ビタミンが豊富な食品です。 赤肉には牛肉、馬、羊が含まれます。 その過度の消費は健康に良いものではありません。 ©Wallyg、Flickr、cc by nc 2.0 赤身の肉を食べ過ぎるとあなたの健康に悪いことが知られています。 牛、馬、または羊の誇張された消費は、特定の病気の危険因子となるでしょう。 いくつかの医学研究は、赤身肉の過剰は、デンマーク人、糖尿病患者および心血管疾患を発症するリスクを増加させることを示している。 なぜいいステーキが悪いのだろう? オハイオ州 クリーブランドクリニックの チームがいくつか答えを出しています。 Nature Medicine に掲載された研究では、赤身だけが唯一の原因ではなく、腸内細菌も原因であることを示しています。 昨年、すでに同

    続きを読みます »